レザークラフトの工具の手入れや調整法などについての説明を中心に紹介するページです。
工具について
トップページ
一窓店舗 工房・教室 リンク
革物作り入門 工具について
革と福祉
メール
TUZIE.JP
工具についてトップ
工具の調整法
工具の仕立て
自作工具など
特製工具トップ
手縫いの固定具
辻永式手縫いバイス
TUZIEの工具箱
 1.面取り各種
 2.溝切り

 3.刃折り器
 4.銀スリ器
 5.続銀スリ器
 6.刻印
 7.ヘラ・その他
 8.骨製ヘラ類
 9.紙ヤスリ当て革
10.続紙ヤスリ当て革
11.スポッツ用穴開け
12.続スポッツ用穴開け
13.スポッツ用刻印
14.幅決めガイド
特製革包丁
特製布川革包丁
廻し切り革包丁
革包丁のできるまで
おまけ
ちょっとお気に入り



特製工具:辻永の工具箱

6.刻印

刻印
 彫金用のタガネの株を加工して作った刻印です。叩いて伸ばしたり、削ったり、切り込みを入れたりと、何となく自分好みの形に作ります。

 いまでは何百種類も革用の刻印が販売されていますが、昔はきっとこんな風に自作していたのではないかと思います。

 焼き入れをして、彫金に使うことができるように仕立てています。


アクセサリー アクセサリー
アクセサリー
 何年かに一度、無性に銀の物を作りたくなります。技術はぜんぜん無いので、刻印で模様を打つだけです。レザークラフトをやる時と同じ感覚ですね。
 革の表面も銀面ですし、文字通り同じ感覚。



革
 刻印なので、革にも使うことができます。革用の刻印よりも小さく作ってあり、組み合わせもしやすいようになっているので、便利な時がありときどき使っています。

 銀の板に打つ前の試し打ちも、革で行うとやりやすいですね。


トップページ
一窓店舗 工房・教室 リンク
革物作り入門 工具について
革と福祉
メール
TUZIE.JP