革の物作りを始めてみませんか。革の物作りをするときの基礎知識や作業工程の一例を紹介します。
革物作り入門
トップページ
一窓店舗 工房・教室 リンク
革物作り入門 工具について
革と福祉
メール
TUZIE.JP
革物作り入門トップ
革への誘い
革を始めよう
簡単な実技紹介
手縫いのカード入れ
レザーカービング
革細工・小銭入れ
針の取り付け方
金具の取り付け方
スポッツ金具を打つ
フノリの溶き方
基礎知識
TUZIE 解説
??!!
疑問質問
TUZIE実験室
TUZIE実験室




「小銭入れ」
(模様入れ・染色・革ひもかがり)

 作業学習や作業療法などに取り入れる、
「革細工」の基本的な工程ではないかと思います。



 「小銭入れを作ってみましょう。」



 左の写真のような小銭入れを作ってみましょう。ごく単純な物です。
 
工程は以下の通りです。
 1.材料の準備
 2.模様入れ
 3.染色・仕上げ
 4.裏貼り
 5.穴あけ
 6.仕立て

 この項目の説明のために急いで作った物なので、形や柄や色の吟味はしておりません。素材も染色用の革ではないので、むりやり染めたような感じです。

1.材料の準備

 クラフト用の牛革を裁断します。

 今回は、必要なサイズに本断ちしています。革は、模様入れや染色の工程で伸びたり縮んだりして変形します。正確な仕事をするためには、ある程度の加工が進んでから本断ちします。(革の仕上げが終わった当たりで。)

 今回の見本ていどの物であれば、最初に本断ちしてもそれほど問題はありませんし、模様入れが楽にできると思います。

 革の裁断は、カッターでもハサミでも可能ですが、なんと言っても革包丁が一番のおすすめです。 

 革包丁は、「革漉き」とも言われます。その名の通り革を薄くする作業にも使われます。厚くなったかかとの皮を削るような道具が、革漉き用に紹介されていますが、革包丁のほうが優れています。

 より良い物を作りたい人は、研ぎを覚えて革包丁を使ってみてください。物作りのレベルが上がると思います。

2.模様入れ

 革に模様を施します。いろいろな方法がありますが、ここではスタンピングを行いました。スポンジなどで革にほどよく水を施して、刻印で叩くと簡単に模様が入ります。外枠は、ディバイダーで基準線を入れてからカモフラージュという刻印を施しました。

 枠の内側は、模様入りの木槌で柄を施しました。


3.染色・仕上げ

 染料で染色してから、乾燥後に仕上げを行います。

 見本では、黄色で染めてから焦げ茶をかけました。内側の模様の濃淡がきれいに出ていないので、いい見本ではありませんね。いろいろな染色法がありますが、見本は単純な拭き染めです。(布に染料をつけて、拭くように染めただけ。)無難なところでは、外側を濃くすると、額縁効果が出てまとまりやすくなります。

 タンローという染色用の革を使うと、染色はしやすくなります。

 仕上げには、水溶性のアクリル樹脂仕上剤を使いました。安全で手軽です。


4.裏貼り

 ここでは簡単に接着シール式の裏地を貼りました。見本はかなり雑に裏地を切っていますが、大きめに貼ってから切りそろえると良いと思います。(裏は必ず貼るわけではありません。)

 裁断後に、切り口の面取り・着色・磨きの加工を行います。面取りは専用工具かヤスリで。着色は染料で。磨きはCMCと磨き棒などを使って。色止めに仕上 剤を塗ると安心ですね。


5.穴あけ

 ここでは、革ひもでかがるための穴をあけます。3ミリ幅の革ひもを使うとして、ハトメ抜きは7〜10号が適当です。

 いくつかの方法が考えられますが、ここでは写真の通り、型紙をコピーした物をセロテープで固定して、コピーの穴の位置の通りに、穴をあけました。部品同士を接着してから穴をあける方法もあります。

 金具の取り付け位置も印してあるので、金具用の穴をあけて金具も付けてしまいます。

 コピーの紙を、穴あけだけではなく、裁断にも利用する手もあるかもしれませんね。正確な作業は難しいような気もしますが、目的により有効な場合があるかもしれません。


6.仕立て

 今回は接着なしの革ひもかがりなので、モールを使い何カ所か固定してから、かがりました。モールは邪魔になったらはずしていきます。

 私は底からかがり始めましたが、一周かがり終わると最初の写真のような小銭入れの完成です。


 「革とリハビリ」「作業の小技」でも、レース針の別の取り付け方を紹介しています。


 以上、本当に簡単な説明です。「どの段階で染色するの?」という質問などを受けるときがよくありますので、参考に見ていただければと思います。

トップページ
一窓店舗 工房・教室 リンク
革物作り入門 工具について
革と福祉
メール
TUZIE.JP